むちうちなら三国エキナカ接骨院

三国エキナカ接骨院

ヘルニア

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 神経根型では腰の激しい痛みとともに足にしびれや痛みを伴う
    椎間板の中の髄核が飛び出してしまった状態になると神経圧迫による痺れが出る
    臍ヘルニアと鼠径部ヘルニアに分かれる
    馬尾型では放っておくと尿漏れや頻尿になり進行すると歩行困難なり最悪のケースでは将来寝たきりへと症状が進行していく
    激しい腰により、睡眠が取れない状態が続き、不眠症になる
    椎間板ヘルニアの予防には運動、体重のコントロール、姿勢を正す習慣をしていく事で椎間板ヘルニアの予防に繋がる。
    おすすめの運動にはジョギング、スイミングがおすすめです。

  2. ヘルニアに対する当院の考え

    椎間板ヘルニアによる当院の考えは椎間板ヘルニアの原因は骨の歪みと筋力低下からくる姿勢不良だと考える。
    骨の歪みを整えて、筋力を強化していけば椎間板ヘルニアの症状は改善へと導けると考える。
    骨の歪みを整えるには全身矯正治療を継続して治療していく。筋力強化にはEMS治療を継続していく。
    最も理想の治療は全身矯正治療のTPC治療とEMS治療の組み合わせ治療が最も最短で治療効果が出せると考える。

    椎間板ヘルニアで来られた患者様へは必ず全身矯正治療とEMS治療の説明をさせて頂き患者様へは納得して頂いた上で理想は全身矯正治療とEMS治療の組み合わせだが、どちらかはお身体を良くしていくには必要がある治療だとお伝えしていく方針で説明させた頂く。

    また、最も大切な事は来院ペースと治療の継続なことを必ずお伝えする。
    どれだけ最も患者様にとって合っている治療であっても来院ペースを守り、継続していかなければどこへいっても良くなら事をお伝えしていく。

  3. ヘルニアを放っておくとどうなるのか

    椎間板ヘルニアには圧迫される神経によって危険度が異なる。
    馬尾型と神経根型と2種に分かれる。
    馬尾型の方が危険性が高い。
    神経根型は脊柱管を縦に通っている神経から枝分かれて左右の方向へ伸びる神経の根部分が圧迫されて起こる。腰痛や片脚の痛みなどが起こる。危険度は高くない。

    馬尾型は脊柱管を縦に通っている束でおしりやおしり全体に伸びる神経につながっています。馬尾型が圧迫されると危険度は高くなる。

    馬尾型を放っておくと尿漏れや頻尿などの排尿障害が起こります。
    進行すると歩行困難になり、将来寝たきりになる可能性がある。
    脚の痛みや痺れが1週間以上続く場合は早期に治療をする必要がある。

    また椎間板ヘルニアを放って置くと激しい腰の痛みや下半身の感覚以上を起こしたりする。
    症状が進行して悪化し続けると保存療法ではなく手術によるヘルニアの部分を摘出する治療法に切り替わってくる。

  4. 当院のヘルニアに対する施術とは

    椎間板ヘルニアの治療法は保存療法と手術療法に2種に分かれる。
    一つ目の保存療法では治療法は神経ブロック、薬物治療、理学療法の3種があります。
    2つ目の手術療法では後方椎間板摘出術、椎間固定術、経皮的椎間板療法の3種があります。
    神経ブロックでは激しい痛みを抑えるために局所麻酔やステロイド薬を注射し痛みを和らげます。
    薬物治療では非ステロイド消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を使って痛みを抑えます。
    理学療法では痛みが落ち着いたあと、筋肉を強化するための体操や専用の器具で身体を牽引することなどを行います。
    当院の施術メニューでは理学療法に基づき下半身矯正のUPCや筋力強化の分野ではEMS治療が有効的と考えます。当院の施術メニューではフリーパスの提供ができるので、矯正治療ではフリーパスに入って頂きその方の状態に合わせての期間を提供する。EMSでは回数券を買って頂き、1回あたりの治療をご負担の少ない金額で最も良い適した治療の継続をして頂く事で椎間板ヘルニアの症状の状態を良くしていくと当院では考える。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    当院の施術を受けるとどう改善するかに関しまず、全身矯正をした場合とEMS治療をした場合に例を挙げていきます。
    まず、全身矯正をした場合どういった改善が見込めるか。全身矯正をする事で背骨の歪みを整えていく事で歪みによる神経の圧迫を和らげる。歪みを整える治療をする事で背骨の歪みが正しい位置に整い、正しい位置に背骨のラインが整う事で神経の圧迫を和らげる。神経の圧迫を和らげる事で椎間板ヘルニアによる腰や足のしびれなどの症状を改善がされていく。
    EMS治療をした場合、多くの椎間板ヘルニアの原因は姿勢不良からくるものが多いと考える。姿勢不良が起きる原因の多くは腹筋や背筋やインナーマッスルの筋力低下によるものだと考える。現代の社会人の方々の多くは時間がなく運動習慣がない方が多い。時間があっても運動が苦手、運動が嫌いという方も多い。そういった患者様へはEMS治療が最も治療が適すると考える。
    EMS治療をしていく事でインナーマッスルが鍛えられ、インナーマッスルが鍛えられる事で姿勢不良が改善されていき、結果的に椎間板ヘルニアの腰の痛みや足のしびれ症状が改善されていくと考える。

  6. 施術頻度はどのくらいか

    改善するための治療頻度はその患者様の状態に合わせて決めていきます。椎間板ヘルニアは歪みによる事が症状の原因に大きく関わると考えるので治療の期間としては症状軽減には3ヶ月、根本治療には6ヶ月を目安に説明をさせて頂きます。来院ペースは症状が重度の方は初めて来られた月に関しては来院できる日は毎日、症状が軽減してきたら週に3回、さらに症状が落ち着いたきた場合には週に1回へと来院頻度を切り替えていく。
    最終的には卒業へと導いていく。

▲ページの先頭へ戻る

三国エキナカ接骨院のご案内

【住所】〒532-0005 大阪市淀川区三国本町3丁目 阪急三国駅2F 【電話】 TEL:06-6392-8300

三国エキナカ接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:30 ~ 13:45 9:00 ~ 13:30
16:30 ~ 21:00 16:00 ~ 18:00

土・日・祝も営業しております。

当院までの地図

阪急宝塚線「三国駅」から三国エキナカ接骨院までは改札出て30秒。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

三国本町、新高、西三国、西宮原、豊中市など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る